3Dプリンタを始める

何かの部品を作る時に、ベースとなる材料を100円ショップを何件もハシゴして何時間もウロウロして、DIYで作ってみたもののアッサリ壊れる。そんな経験はありませんか?

私は貧乏性なので高い純正品よりも汎用品、可能ならDIYをしてしまうのですが、器用ではないのでよく失敗をします。

もちろん不器用なのが失敗の原因ですが、ちょっとは材料の精度や強度にも問題があるんじゃないかって。特にプラスチック製品はギリギリの強度で作られているので少し加工すると折れやすい気がします。(正しい用途じゃないし、そういう設計になっていないので文句は言えない)

そんなわけで常々自分でプラスチック製品が作れればなぁとか思ってエポキシパテを練っていました。

それが3Dプリンタを使えるようになると世界が違って見えるらしく、必要なものを探すという思考から、必要な物は自分で印刷するという発想になるらしいです。

FlashForgeのDreamer

3DはLightWaveを少しだけ触ったことがある程度で、全く使いこなせなかった人間が、格安で3Dプリントをできるようになるためのステップ。

3Dプリンタは日本語対応で消耗品も通販で入手できるFlashForgeのドリーマーを購入しました。大きさが225×150×140と20cmまで対応しているのも良い。

開封からセットアップに関してはポリスタジオさんの記事が分かりやすい。ちなみにロットによっては中国語のマニュアルが入ってくる(きた)ので、その時はSDカードの中に日本語PDFを探すことになリます。

CADソフトはFusion360

個人用途であれば無料で使えるクラウドタイプのCADソフト、AutodeskのFusion360(旧 123D design)が無料なことは勿論、ネジを作る際にコマンドが充実しているらしいのでこちらを選定しました。

Fusion360の練習

下記のPDFが丁寧に解説されているのでチュートリアルで練習中

https://www.myautodesk.jp/JEFF/Fusion360_ATC_201603.pdf

登録でダウンロードできるらしい

コマンドの説明

https://fusion360.3dworks.co.jp/reference/

コマンドひとつひとつの解説(リファレンス)

可動部(ジョイント)

You Might Also Like

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です